スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

北海道と方言

北海道の方言では、ゴミを捨てることを、ゴミを「なげる」といいます。
転校生などが、「ゴミなげてきて」と言われて、本当に投げてしまう、というジョークはよく聞きますが、知らなかったらほんとに投げるかも。
でも、英語でゴミを捨てるというときに、「throw」という動詞を使うんですよね。フランス語だと「jeter」だけど、これも投げるという意味。ゴミは投げるほうがグローバルスタンダードなのかな。

家庭用のゴミの収集所のことは、「ごみステーション」といいます。
これは、北海道全体なのか、札幌だけなのかわかんないけど。
(ちょっと調べてみたら、北海道以外でも使ってる地域があるみたいでした)
「捨てる」と「station」をかけたダジャレのような気がします。北海道のいろんなもののネーミングにはダジャレっぽいものが多いです。

うちで使う人がいなくて、いまだになんとなくなじまない北海道の方言がいくつかあります。

「あずましい」「あずましくない」
英語の「comfortable」と「uncomfortable」が一番近いかんじ。居心地がいいとか悪いとか、そういうときに使うみたい。

「りんごがぼける」
古くなって、中が茶色くなってたり、スポンジ状になってたりするりんごのことを「ぼけりんご」とか言ったりするみたいです。食べようとしたら、「あ、このりんご、ぼけてる」とか。りんご様に失礼な気がしてしまいます。

「ばくる」
交換すること。交換して遊んだりするのは「ばくりっこ」です。シールとか、カードとか。

わたしは、出身を聞かれれば「北海道」と答えるし、実家も札幌にあるけど、小さい頃にあちこち引越をしているので、いまいち北海道弁が体になじんでないというか、知識として知ってるけど自分ではあんまり使えない、という状態なんです。
たいていの場合は、語感と文脈から判断するけど、それができなかったのが、「あずましい」「りんごがぼける」「ばくる」だったのでした。

そのわりに、言葉のイントネーションは北海道風が染み付いているので、標準語っぽく話をしていても、イントネーションの違いで聞き違いされたりすることがたまにあります。
言葉って、一度身に付いてしまうと、なおすの難しいですね。
無理になおす必要はないけど、話が通じないのは困るなあ。

スポンサーサイト


言葉について | コメント(0) | トラックバック(0)2008/08/29(金)02:16

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

Initial R

Author:Initial R

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

QRコード

QR

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。