スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ハイフンとか大文字とか小文字とか

ひとつ前の、iPod nanoに関するエントリーを書いていて思い出したんですが、「i-pod」とか「i-Pod」って書くのって、どうしてなんでしょうか。
雑誌のプレゼントページなんかでも、こういう表記をたまに見かけます。

あと、ブログとか掲示板で見かけるのは、「Ipod」。
これはたぶん、マイクロソフトのソフトを使ってるんだと思う。Entourageというメールソフトで文章を書いてると、勝手に直してくれちゃってめんどくさいときがあります。ExcelとかWordでも同じだったかも。
でも、これに関しては、勝手に変換されて、直すのがめんどくさかったり、気づかなかったりしてそのままになってる、ということも考えられるので、わからなくもないです。

でも、「i-pod」とか「i-Pod」については、本来入ってないはずのハイフンが入ってます。わざと入れないと入らないよね。

以前から不思議だったんですが、ふと、思いつきました。
ドコモのiモードって、英語表記にすると、「i-mode」なんですよね。もしかしたら、これの影響なんじゃないか、って。

あと、まぎらわしいのが、「i MiEV」「i-REAL」「i-unit」の3つ。
3つとも自動車関連なんだけど、「i MiEV」はハイフンじゃなくてスペースが入ってて、"i"以外は大文字。「i-REAL」も"i"以外は大文字だけど、スペースじゃなくてハイフン。「i-unit」は全部小文字でハイフン入り。
きっと、この3つも、iPodみたいに、大文字小文字とハイフンがテキトーなかんじに認識されてるんじゃないかと思う。

ちなみに、わたしが使ってるFirefoxというブラウザで、画面右上の検索窓に「i-」と入れると、候補として、i-MIEV i-REAL i-unit i-mode i-phone i-o data i-tune などが出て来ます。こういう文字列で検索してる人がきっとたくさんいるんでしょうね。
検索してる時点では、その製品については詳しく知らない場合も多いので、ハイフンがどうとか、大文字小文字がどうとか、わからないこともあると思うけど。

細かいことだし、目くじらたてて怒るほどのことでもないんですが、製品名なんかで間違った表記を見ると、その文章を読む気がしなくなっちゃうんですよ。物事をちゃんと確認しない人なんだろうな、と思って。個人ブログとかならまだしも、印刷物なんかだと余計に。

スポンサーサイト


言葉について | コメント(0) | トラックバック(0)2008/08/19(火)23:49

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

Initial R

Author:Initial R

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

QRコード

QR

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。