スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

こだわる

「こだわる」って、最近はいい意味で使われる場合が多いと思う。
「XXにこだわってます」と言われたりすると、その人は、XXが好きで、きっといろいろ詳しかったりするんだろうな、と思ってしまうし、「素材にこだわるレストラン」と紹介されていれば、料理の素材を厳選していておいしいものを食べさせてくれるお店なんだな、と思ったりします。

でも、本来の意味の「こだわる」は、あんまりイメージのいいものではないようです。
気になることば」から引用。
本来は「些細なことにとらわれる、執着する」という、マイナスイメージの意味の【こだわる】という言葉ですが、...(中略)...
もともとは「コダハル」で、接頭語の「コ」に、「サハル」が転じた「ダハル」がついたもので、「さしさわる」「さまたげる」などの意味がありました。(後略)

「サハル」は、「障る」だろうな。障害の「障」だ。
接頭語の「コ」は「ちょっと」ってかんじ?

わたしは、わりと「こだわる」タイプの性格で、ときどき自分がめんどくさくなるんです。いろんなことにこだわったりしなければ、もっとラクチンなのに、と思ったりします。
だから、「オレって、XXに対してはこだわりがあるんだよね」とか、「わたしはXXが好きですごくこだわってるの」なんて言われると、少しだけ、イヤなかんじがしてました。「近親憎悪」とか、「同属嫌悪」とか、そういうタイプの嫌悪感です。

で、「こだわる」という言葉を多用するような人には、警戒心を抱いてしまいます。お店なんかの宣伝文句は、まあ仕方ないか、と思うけど、個人的なことで、自分のこだわりをお披露目してくれる人は、ちょっと遠ざけたいです。
自分もそういうところ、あると思うんだけど、こだわる人って、そのこだわりを他人にも押し付ける人が多いような気がします。そういうことをしないためにも、ヘンなこだわりは捨ててしまいたいなあ。

でも、ものすごいこだわりがあるのに、全然イヤじゃないのが、内田百間。もしこんなこだわりじいさんが身内だったら、すご~く大変そうだとは思うけど、本を読むだけなら面白いからOK。

それに、こだわること自体は、悪いことじゃないとは思うんです。
何かにこだわった結果、進歩とか発見があったりするかもしれないし。
一人でこだわってるぶんには、別にいいよね。
潔癖性の人が家の掃除にこだわって、チリ一つ残さないように片付けたりしても、好きにすれば?ってかんじだし。あ、誰かと一緒に住んでる場合は除きます。

と、ここまでずっと「拘る」と書かなかった理由は、うちの辞書には「こだわる」の項目に「拘る」とは書かれてなかったから。でも、感じで「拘る」と書いたほうが、「こだわる」ことのイヤな雰囲気が出る気がします。
「拘」って、つかまえる、という意味もあるよね。何かにつかまえられてしまって、身動きできない状態が、こだわってる状態なのかも。


追記。漢字の話。
「拘」という漢字は、訓読みすると、「拘う(かかずらう)」が正しい読み方のような気がします。
「拘」を漢和辞典で調べると、「こだわる」という意味は出てるので、ここから来た誤用なのかな。誤用ってほどでもないかもしれませんが。

スポンサーサイト


言葉について | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/13(金)02:37

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

Initial R

Author:Initial R

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

QRコード

QR

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。