スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

能書き

ずいぶん前の話だけど、友だち何人かと雑談をしていて、話の流れは忘れちゃったけど、わたしが、「能書きにこう書いてあって......」と言ったら、ヘンな顔をされたことがあった。自分は薬の効能を書いた紙、というつもりで言ったんだけど、まわりの人たちは「自己宣伝」の意味にとったようでした。

辞書を見ると、こんなふうに書いてありました。

のうがき【能書(き)】
(薬などの)効能を書いた文書。その文句。効能書。転じて、自己宣伝。
- 岩波国語辞典 第四版より-

能書き
能書きとは、自分の優れた点を並べ立てること。また、その言葉。自己宣伝の言葉。
能書きの語源・由来
能書きは、薬などの効能を書き記した「効能書き」の「効」が抜けた言葉。
効能を書き記したものの意味が転じて、その物の長所や値打ちを書き記したものの意味になった。
さらに転じて、自己宣伝のために優れた点を述べ立てることを、「能書きを並べる」「能書きを並べ立てる」と言うようになった。
- 語源由来辞典より -
http://gogen-allguide.com/no/nougaki.html

岩波国語辞典は、何年も前に買ったものだけど、語源由来辞典はインターネット上の辞典なので、語源由来辞典のほうが内容は新しいと思う。で、語源由来辞典には、語源としては「効能書き」って出てるけど、普通の意味のほうには自己宣伝の意味しかのっていない。
ってことは、最近では「能書き」っていうのは、自己宣伝の意味でしか使われなくなって来てる、ってこと?

言葉は変化するものなので、自分の使った言葉が、自分が意図した意味とは違う意味にとられてしまう、っていうのは仕方のないことかもしれない。でも、薬の効能書については、なんとなく「能書き」って言いたいんだけどな~。誤解されないためには、「薬の説明書」とでも言わなくちゃいけないのかな。

スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと│ジャンル:日記
言葉について | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/21(水)19:44

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

Initial R

Author:Initial R

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

QRコード

QR

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。