スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

一戸から九戸まで

こないだ、東北新幹線の駅の話を書いていて、ふと思ったのが、「七戸といえば青森の話、って自分は思うけど、そう思わない人のほうが多いかもしれない」ってこと。
十和田については、十和田湖がわりと有名な観光地だけど、七戸って、知らなかったら読み方もわからないかもしれない、という気もしました。知らない場合は「ななこ」って読んじゃうかも。「しちのへ」だけど。

また、子どものころから、なぜ「四戸」という地名がないのかも気になってました。

で、まとめて調べることに。

少し話はずれるけど、札幌には、「八軒」とか「二十四軒」という地名があります。
開拓時代に八軒の開拓民が移住したから、とか、そういう由来なんです。
だから、小学校の頃は、きっと、大昔には、八戸にも家が八軒あったんだ、と勝手に思ってました。世帯数を数えるときに「何戸」とかいうし。読み方は違うけど。

でも、違うんですね。
Wikipediaの八戸市の項目に、こう書いてありました。
八戸の地名の由来は、かつて古代末期から中世頃までの東山道陸奥国にあった郡の「糠部郡」に由来している。 現在は四戸を以外の一戸から九戸まであるが、この「戸」は現在の意訳では第○地区という意味である。そのことから八戸の「戸」は、糠部郡第八地区にあたるとされている。

糠部郡(ぬかのぶぐん)というのは、今の岩手県と青森県にまたがる地域だそうです。
一戸から九戸まで、こんなかんじ。
一戸町(岩手県二戸郡)  
二戸市(岩手県)
三戸町(青森県三戸郡)
五戸町(青森県三戸郡)
六戸町(青森県上北郡)
七戸町(青森県上北郡)
八戸市(青森県)
九戸村(岩手県九戸郡)

四戸がない理由については、一番よく聞くのが、「四は死に通じるから」という理由。
それ以外に、廃藩置県のときに、四戸の場所が青森と岩手の県境にまたがってしまってのでなくした、というのも聞いたことがあるけど、そういう理由なら、記録が残っていそうな気もするんだけど。

あとは、戦争のときになくなったとか、そういう説もあるみたいですが......

どちらにしても、地名の「四戸」がない理由について、はっきりとしたことはわかってないようです。

でも、名前には残ってるんですよね、「四戸」って。
同級生にいました。読み方は「しのへ」さんでした。

また、「十戸(拾戸)」もあった、という話もあります。
十和田、または遠野がそれにあたる、という説があるそうですが、もしほんとにあったとしたら、遠野のほうが有力かも。
十和田市のほうは、名前の由来は十和田湖からみたいだし、読みが「とうのへ」だとしたら、「遠野」のほうが近い気がします。

調べまくって、ちょっとすっきりしました。

スポンサーサイト


言葉について | コメント(0) | トラックバック(0)2008/11/10(月)20:37

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

Initial R

Author:Initial R

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

QRコード

QR

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。