スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

KYT

以前、マンションの建築現場に「KY 危険予知」っていう看板が出てるという話(そのときのエントリーはこちら)を書いたけど、やっぱり、「KY」というのが危険予知を表すのは、その場所だけじゃないらしいです。

Wikipediaに「危険予知訓練」っていう項目があって、そこに、こう書いてありました。
危険予知訓練(きけんよちくんれん)は、工事や製造などの作業に従事する作業者が、事故や災害を未然に防ぐことを目的に、その作業に潜む危険を事前に予想し、指摘しあう訓練である。ローマ字による表記 Kiken Yochi Training の頭文字をとってKYT(ケーワイティー)、あるいはKY訓練(KYK)とも呼ぶ。
ミーティングや職場内研修を通じ、危険性の情報を共有することで、事前に予測できる災害の発生を未然に防止させる仕組み。毎日の始業時や動作時に指差喚呼を行い危険性の再確認をし、さらに安全性を高める行動も行われている。


自分がそういう仕事に就いてないから知らなかっただけで、工事する場所で働いてる人にとっては、KYイコール危険予知、っていうのは、わりと当たり前のことなのかも。

最近になって、「KY」という言葉が有名になってきて、それでたまたま目について記憶に残っただけで、もしかしたら、いままでも、工事現場を通りがかったときに「KY」って書いてあったのかもしれないな、と思いました。見てるけど頭に入ってない、ってこと、よくあるよね。

スポンサーサイト


言葉について | コメント(1) | トラックバック(0)2008/10/22(水)19:35

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2008/11/21(金)15:02| | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

Initial R

Author:Initial R

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

QRコード

QR

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。