スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

廃墟みたい

数日前に、自宅マンションの玄関前の照明がワンフロア分全部消えていた、という話を書きましたが、昨日の夜は全部のフロアの照明が消えていました。
これって、故障ですよね?

近所の家の灯りもあるし、街灯もあるし、真っ暗にはならないんですけど、遠目に見るとうちのマンションだけ真っ暗で、なんだか廃墟みたいでした。
いつもは裏口を使ってて、裏口からだと上のフロアが見えないので気づかなかったみたい。表口からだとマンション全体が見渡せて、やっと気づきました。

こういうのはすぐに管理会社に連絡したほうがいいんだろうけど、管理会社のうちのマンション担当が感じ悪いので、電話する気になれません。
数十部屋あるマンションだから、そのうち誰かが連絡するだろうと期待してます。でもみんな同じこと考えてたらいつまでたっても誰も連絡しないかも......

心配なのは、家の電気に影響がないのかどうか、ということ。
よくわかんないけど、各部屋とは別に玄関前照明のための電源みたいなのがあって、そこが故障してて照明が消えてるんですよね、きっと。だから心配ないとは思いますが、でもなんとなく不安だなあ。

スポンサーサイト


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/06/24(木)05:26

Googleって...

Googleって、なんかすごいですね。

つい最近まで、「やる気成分」というキーワードでGoogleで検索すると、このブログが検索結果のトップに来ていたんです。おそろしいことに。

でも、今、なんとなく検索してみたら、ちゃんと内容が更新されてました。
相変わらず上位にこのブログが来てるんですけど、以前は「やる気成分」の記事がそのまま出ていたのに、ちゃんと記事を削除したあとの状態で検索結果に出てました。

記事を削除したんだから当たり前じゃん、っていう気もするんですが、その場合、「やる気成分」で検索した場合にこのブログが検索結果に出て来ないほうが普通だと思うんですよ。でも、検索結果には出ていて、内容は最新のものになってる......
これって、「このサイトにはキーワードに関する記事が今はないけど、以前はそういう記事があって、その当時は検索結果の上位に来ていたから、このサイトもとりあえずまだこのキーワードに関連のあるサイトとして出しておくね!」みたいなかんじなんでしょうか。

以前から、Googleで、あるキーワードで検索して、検索結果に出て来たサイトに行ってみても該当する記事がない、ということがたまにあって、「なんでこのサイトが検索結果に出たんだろう?」と思ってたんですが、たぶん、同じことなんだと思う。そこのサイトにはそのキーワードに関する記事が出ていたけど削除済みで、それをGoogleがちゃんと覚えてる、ということなんですよね。

面白いので、たまに思い出したらまた検索してみようと思います。
インターネットの検索結果というのは日々変わるものですよね。だから、きっとしばらくしたらもうこのブログは検索結果に出てこなくなるんだと思うんだけど、それがどのくらいかかるのか、確認してみたいです。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/06/23(水)01:02

"the"の発音

友人と一緒に「Hotel California」という曲を聴いていたときのこと。

途中、「Welcome to the Hotel California」という歌詞があるんですが、その部分について友人が、「theを『ジ』と発音してるのは、"Hotel"だから?」とわたしに尋ねました。
ホテル、だから子音で始まってるけど、フランス語とかイタリア語とかみたいにHはなかったことにして母音扱いだからでしょ、みたいな話です。

それに対してわたしは、「母音とか子音とか関係なしに、強調してるんじゃないの?」と言ったら、「なにそれ?」って言われて......
確か受験の時に、強調する時は「ジ」って読むこともあると習った記憶があるんです。

で、家に帰って来てから辞書で調べたら、こう書いてありました。

the.jpg

よかった。記憶は間違ってないみたい。

でも、友人の言うことにも一理ありそうな気がしないでもないので、また調べました。

フランス語の話になりますが、フランス語には、「無音のH」と「有音のH」があるんです。
(Wikipediaに説明が出てるので詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。)
簡単に言えば、「無音のH」の場合はHは文字はあるけどないのと同じ扱い。「有音のH」の場合は別の子音と似たような扱いになります。
無音のHで始まる名詞に定冠詞leがつく場合は、l'となります。(例:l' histoire 読み方はリストワルみたいにHを無視して続けて読みます)
有音のHで始まる名詞に定冠詞leがつく場合は、省略されずそのままです。(例:la hache 読み方はラアッシュとなり、定冠詞部分と名詞部分を別々に読みます)
(注:leは男性形でlaは女性形なだけで、どちらも同じ単語です)

で、話は英語の"hotel"に戻りますが、辞書で調べてみると、英語の"hotel"はもともとラテン語の"hospitalia"が古フランス語の"hostel"になり、英語の"hotel"となったようです。
しかも、うちの辞書(旺文社英和中辞典)には、「英国ではanをつける場合があるが米国ではaが普通」と書いてありました。
ちなみにフランス語でホテルは"hotel"(oの上にアクセント記号がつくけど文字化けするので省略)で、このHは無音扱いです。

......というわけで、友人の「Hをなかったことにしてその前のtheをジと読んでる」という考え方は、否定できなくなってきました。

ただ、「Hotel California」を歌ってるEaglesのみなさんはアメリカ人らしいので、わたしはやっぱり強調してるような気がします。


もし今学生だったりとか、身近にアメリカ人がいたら、疑問を解決できるのかもしれないけど、聞ける環境ではないのが残念です。
ていうか、わたしと友人の耳にだけ「ジ」と聞こえていて、普通に発音してるだけだったらどうしよう......


言葉について | コメント(2) | トラックバック(0)2010/06/22(火)01:44

もうひとり

友人宅に行った時のこと。

食事して、友人のマンションに着いて、一緒にエレベータに乗って、友人の部屋があるフロアで降りたら、「あれ?今もう一人乗ってなかった?」と言われました。
おかしいな、友人とわたしの2人きりだったはずなんだけど。

その前の夜のこと。

遅い時間だったけど足りないものがあったのでコンビニに行こうと外に出たら、部屋の前が暗い。
うちのマンションはワンフロアに3か所ぐらい蛍光灯がついているんですが、その蛍光灯が3か所とも切れてるみたい。......と思ったら、完全に切れてるわけじゃなくて、3か所が同時に点滅したりしてる。
いままで、蛍光灯の寿命で、どこか1か所が点滅したり切れてたりというのはあったけど、3か所同時というのは初めて見ました。

「SUPERNATURAL」というアメリカのテレビドラマでは、霊なんかが出る前に街灯が消えたり点滅したりするんだけど、それを思い出してちょっとこわくなりました。

で、話は友人宅に戻るけど、
「もう一人乗ってなかった?」と言われて、突然自分のマンションの蛍光灯のことを思い出してその話を友人にしたら、「誰か連れて来ちゃったんじゃない?」と言われてしまって......(友人もSUPERNATURALを知ってるのです)
とりあえず、「そうかもね~」なんて軽く流しながら友人宅にお邪魔しました。

だから、きっと、もし蛍光灯が点滅してた時に目に見えない誰かがわたしについて(憑いて?)来たとしても、きっとその人は今友人宅にいると思うんですよ。
わたしはたまに「Rちゃんって霊感ありそうだよね」と言われたりすることがあるんですが、実際は何も感じないし何も見えないので、きっとわたしに幻滅して行く所を探してたに違いない、と思うのでした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/06/20(日)21:53

免許更新

先日、免許を更新してきました。初更新です。

......写真を、どのタイミングで撮るのか、気になってたんですよ。
3年前(免許を手に入れた時)は、学科の検定を受けて、合格発表を待つ間にお昼ごはん食べて、発表を見て、そのあと写真撮ってもらって、みたいな流れだった記憶があったので、途中で抜けてちゃんとお化粧なおしてから写真撮りたいな、と思って。

結果から書くと、汗でお化粧が落ちて髪もバサバサのまま写真を撮ってしまいました。
当日は雨が降ってて、風もけっこうあって、湿度でちょっと汗かいてて風のせいで髪もヒドイことになってたのに......

免許センターに行ったら、「更新はこちら」みたいな案内があって、そこに行ったら案内係の人がいて、まず暗証番号のカードを作成するように言われました。(ICカード免許証なので)
でも、3年前に作ったものを持参していたのでそこは省略して、受付したら、「この書類書いたら次はX番ね」と番号を指定されます。
その繰り返し。
視力検査して、「はい、次X番」とか、流れ作業的な感じで進んで行って、気づいたら写真撮影。
たぶん、途中で抜けてトイレに行ったりすることもできたんでしょうけど、列に並んでると抜けにくくて、そのまま撮影しちゃいました。
これをまた3年使うのかと思うとちょっと鬱......。

免許を取る前、友人の免許証を見せてもらった時に、なんでみんな写真がイマイチなんだろう、と思ってたんですが、なんとなく理由がわかった気がします。

更新時の講習というのも初めてでした。
初回の人と違反がある人は同じ内容らしいです。(どこでも同じかどうかはわからないけど)
寝てても怒られないようなテキトーな講習かと思ってたけど、寝てる人はちゃんと起こされてました。

講習って、必ず受けるものなのかな?
以前、親戚宅に何日か滞在していた時に、親戚のおばちゃんが「買い物のついでに免許更新するからちょっと待ってて」と行って、クルマを警察署に停めて、クルマの中で数分待ってたらおばちゃんが新しい免許を持って戻って来た、ということがありました。
警察署で免許の更新ができるというのも当時は知らなかったけど、数分でできることにも驚きました。

でも、講習中に聞いた話では、違反がなくても最低30分ぐらいの講習はあるようなかんじだったけど......
こういうのって住んでる地域によって違うものなんでしょうか。

あと、ひとつ疑問がとけました。
クルマに関する法律ってたまに変更になったりしますよね。で、すでに免許持ってる人って、そういう変更をあまりちゃんと把握してない人が多い気がしてたんです。
免許更新する時ってそういうのを教わったりしないんだろうか、というのが疑問だったんですけど、やっぱりちゃんと教えてもらうんですね。講習はそういう内容でした。
ということは、たぶん、わたしの周囲の人たちは、講習に出るだけ出て、内容を聞いていないか、忘れちゃってたんだろうな、と。
小冊子をもらったりするので、それをあとで読めばいい、と考えてて、そのまま放置だったりとか、かもしれません。

変更点を知らなくても運転にはあまり支障はないのかもしれませんが、知らずに違反しても違反は違反ですよね? だったら、ちゃんと把握しておいたほうがいいような気がするんですが。
まあ、今わたしの周囲にいる人はペーパードライバーが多いのでしかたないのかも。(という自分もペーパーです)


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2010/06/19(土)03:30

お久しぶりです

5か月ぐらい、ブログを放置してました。

最初のきっかけは、家のADSL回線を別のプロバイダに変更するため、1か月ぐらい家でネットにつなげなかったこと、だったんですけど、ネットが開通して、ブログの更新を再開しようと思ったときに、ふとあることを思いついてしまったんです。

自分が、イヤなことをいつまでたっても忘れられないのは、ブログに書いたりして記憶を定着させるようなことをしてるからではないか、と。
もしそうなら、ブログをやめれば、イヤなことがあってもすぐ忘れちゃって、何年もたってから思い出してまたイヤな気持ちになったりすることもないかもしれない、と。

で、実験することにしました。
しばらくの間ブログの更新を休んで、自分に何か変化があるかどうか、確認してみたくなったんです。

結果は......
正直なところ、まだわかりません。
でも、ブログの記事を書くときに頭の中でその日の出来事を反芻する、という作業をしなくなったぶん、なんだか脳みそが軽くなった気もします。

このままブログを閉鎖することも考えましたが、なんとなく残しておきたい気持ちもまだあったので、古い記事を削除して、以前ほどではないにしてもたまに新しい記事でも書こうかな、と、今は思ってます。

カテゴリー「お知らせ」「アトピー」「ことばについて」以外の記事は全部削除しました。
いままでコメントくださったみなさん、勝手に削除してすいません。


お知らせ | コメント(3) | トラックバック(0)2010/06/10(木)20:36

«  | HOME |  »


プロフィール

Initial R

Author:Initial R

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

QRコード

QR

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。